└ 内臓脂肪のお話

内臓脂肪と病気って?

内臓脂肪と病気って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。やはり、内臓脂肪が付き過ぎる事によって、引き起こされる病気はいくつかあるようですね。その中で、一番怖い病気は、生活習慣病のようですよ。例えば、高脂血症っていうのは、血中脂肪が多くなった状態の事を言うようですが、これは、ドロドロに流れる血を想像して貰えると、状態が良くわかるかも・・・。これも、内臓脂肪の蓄積によって、遊離脂肪酸が肝臓に入り込み、中性脂肪やコレステロールの合成を引き起こしているようです。

それに、内臓脂肪が増加していく事によって、高血圧にもなってしまうようですね。又、血糖値を下げる働きのあるインスリンは、内臓脂肪が原因で、血糖値を下げる事が出来なくなってしまうようです。インスリン抵抗性が、体内で出来てしまう為なようです。それによって、血糖値が高くなり、糖尿病を発症してしまう事になるようです。そして、これらの病気を発症する事は、動脈硬化を引き起こす原因にもなってしまうようです。動脈硬化とは、血管が細くなり、血液の流れが悪くなってしまう病気のようです。脳梗塞や心筋梗塞など、最終的には死に至ってしまうような病気の初期段階と言えるようです。血の中の中性脂肪値が増える事により、善玉コレステロールが少なくなってくるようです。それと同時に、悪玉コレステロールが増えていき、動脈硬化になってしまうようですね。血栓症も同じ様な状態のようです。血管に脂肪などが溜まっていき、血管を塞いでしまうようですね。血栓を作るのは、この内臓脂肪のようです。このように、内臓脂肪によって引き起こされる病気は、怖いものばかりなようですね。ほんと、気を付けなければいけませんね。

楽天で見る⇒内臓脂肪 病気

関連記事
内臓脂肪と食事って?
内臓脂肪と運動ってどうなの?
内臓脂肪とお酒ってどうなの?
内臓脂肪がたまる原因って?
内臓脂肪って、年をとると溜まりやすい?
脂肪の役割って?
身体に溜まる脂肪の種類って?


スポンサードリンク