メタボのお話

メタボより怖いロコモ?

メタボより怖いロコモ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

メタボより怖いロコモって何?
って言う方もいらっしゃるでしょうね。

ロコモって言うのは、
ロコモティブシンドロームを略したものなようで、
和名では運動器症候群という名で呼ばれているようです。

もっと分かりやすく言うと、
運動機能が低下して足腰が思うように
動かせなくなる症状のことなようです。

例えば、関節痛で歩くのが辛い。
腰痛で日常生活が辛い。
リウマチで足が思うように動かせない。
骨折で松葉杖が無いと歩けない。

このように、
運動器と呼ばれる足腰に何らかの障害が起こり、

その為に日常生活に支障をきたすような
症状の全てをロコモと言うようですね。

一般的には、高齢者の加齢による運動機能の低下や
骨・関節の疾患(リウマチや骨粗しょう症など)によって、

足腰が思うように動かせなくなることを指しているようです。

高齢者の場合は、足腰に支障が出ると、
そのまま寝たきりになってしまう危険性が高いようです。

更に、寝たきりになってしまうと
痴呆症にも発展しやすいことから、

寝たきりや要介護者になる前の段階として、
ロコモという表現が使われるようになったのかも・・・。

楽天で見る⇒運動器症候群

関連記事
腹筋してもメタボは改善しない?
メタボ対策の運動?
メタボ対策に役立つ成分?
メタボ解消に良い食事?
メタボ検診はどんな検査をするの?
メタボってそもそも何なの?

スポンサードリンク