コレステロールのお話

不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる?

不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。この不飽和脂肪酸には、コレステロールを下げる働きがあると言われているようですね。そもそも不飽和脂肪酸と言うのは、人間が生成する事の出来ない成分だと言われているようで、食品から摂取しなくてはいけない脂質のようです。不飽和脂肪酸は、基本的に、多価不飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸の二種類があるようです。多価不飽和脂肪酸は、不飽和脂肪酸の中でもコレステロールを下げる働きが高いと言われているようですが、悪玉コレステロールも善玉コレステロールも両方減らしてしまう特徴があるようで、多価不飽和脂肪酸の摂取の量には気をつけなくてはいけないようです。

一方、一価不飽和脂肪酸は、多価不飽和脂肪酸のように善玉コレステロールまで減らしてしまうという事はないようで、悪玉コレステロールだけを減らす事が出来るようです。不飽和脂肪酸は、コレステロールを下げる働きをもっているものの、摂取し過ぎると肥満やアレルギー疾患を引き起こしやすくなるだけでなく、乳がんや前立腺がんなどの重篤な病気を引き起こす可能性もあるようです。ですが、不飽和脂肪酸が不足し過ぎてしまうと、発育不良や皮膚炎等を引き起こす事があるだけでなく、コレステロールを下げる事が出来なくなり、溜まったコレステロールにより動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞等の病気を起こしてしまう可能性もあるようです。その為、バランス良く食事をとり、不飽和脂肪酸とコレステロールをコントロールする必要があると言えるのでは・・・。

楽天で見る⇒不飽和脂肪酸 コレステロール

関連記事
コレステロールの多い食品って?
コレステロールって、運動すると減るの?
コレステロールが高いとどんな病気になるの?
コレステロールの種類?
コレステロールの役割って?

スポンサードリンク